もう止めよう「コロナだから今は彼女できない」という言い訳

もう止めよう「コロナだから今は彼女できない」という言い訳 COVID-19

Iiwakeさん

彼女は欲しいけど、今はコロナだから彼女作るのはやめて思っているし、そもそも彼女を作るべきじゃない時期だと思います。

僕からすれば、そうやって彼女を作らない理由を探しているだけだと思います。

彼女が欲しいなら「受験だから」とか、「仕事に集中したいから」とかはすべて恋愛ができない自分へ言い訳していると感じます。

 

彼女を作る時期は、自分の彼女が欲しい時でいいんです。

受験のことや、仕事のことを理解してくれる彼女を作れば良いんです。

 

ダメな理由を探すんじゃなくて、どうやったらできるか考える。ホントにこれが一番大事な思考だと思います。

これは恋愛だけではなく、ビジネスやスポーツ、色んなことに応用できる考え方です。

 

とは言っても、コロナ禍でどうやって彼女を作っていくか、めちゃくちゃ考えましたが、結論的にはマッチングアプリを使うのがベスト

僕はコロナ禍でも頑張りました。理想とする彼女を作ることができました。コロナ禍での出会って彼女を作る過程を書いていきたいと思います。

コロナ禍で恋愛する方法

コロナ禍でも恋活をしていましたが、マッチングアプリを活用していました。

マッチングアプリを利用して恋人を作るのはもはや当たり前の時代になったという感じがします。

そして、コロナ禍の時代ではマッチングアプリで出会いを増やすべきです

僕はちなみにペアーズに登録していました。

1ヶ月利用して感じたペアーズを3つの特徴から分析【ぶっちゃけます】1ヶ月利用して感じたペアーズを3つの特徴から分析

コロナ禍でマッチングアプリの出会いが加速?

僕の予測ですが、コロナ禍の中で出会いを増やそうと思うと、マッチングアプリは有益だったと思います。

時間ができる人も多かったので、マッチングアプリに登録して出会いを求める人も増えいるんではないかと思っています。

 

緊急事態宣言の半年くらい前からペアーズに登録していましたが、緊急事態宣言以降、登録者が増えていると感じました。

これは僕の感覚なんですが、同じように「登録者増えたな」という思った人も多いと思います。

コロナ禍では従来の出会い方が難しい

反対に言えば、今までの出会い方が難しくなっています

なので、マッチングアプリの需要は増え続けているんだろうなという予測ができます。

これまでの出会い方をまとめると次のような感じでしょうか。

  • 学校
  • 職場
  • 街コン
  • 合コン
  • 友達の紹介
  • ナンパ
  • 飲み会
  • バイト仲間
  • SNS
  • 習い事・趣味
  • ジム
  • 旅行
  • 結婚式

といった感じでしょうか。

どれを見てもらっても、あきらかに頻度は減っているものばかりです。

学校もビデオ講義になったり、職場もテレワークとなったり、そもそも出かけにくい雰囲気や状況になっていますよね?

「合コンしようぜ!」って言うと、周りからは冷たい目線を感じるでしょうし、今はそういう状況じゃないって雰囲気です。

出会いはアプリにシフトしている

強いて言えば、TwitterとかInstagramでダイレクトメールを送ったりするSNSでの出会いはありそうかなと思います。

これも主にアプリで使っているので、出会いはアプリにシフトしている、というよりはこのご時世ではアプリに出会いを頼らざるを得ない状況になっています。

ということは、『出会い系アプリを制する者=出会いを制する』というワケです。

コロナ禍でも出会いの数を増やすことが大切

出会いの数が増えれば、恋人を作れるチャンスが増えるということです。

コロナ禍では、先ほど書いたとおりマッチングアプリに出会いが偏ってきているので、彼女が欲しいならマッチングアプリに登録することは必須条件

マッチングアプリでの彼女の作り方は営業に似ていると思います。それについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

デキる営業マン×彼女の作り方マッチングアプリの彼女作りは『デキる(モテる)営業マン』が参考になる!

 

もちろん、マッチングアプリ以外で出会い望めるなら、そっちに可能性をかけてみても良いと思います。

マッチングアプリの出会いが増えているといっても、マッチングアプリがすべてではありません。従来のとおり職場や学校での出会いも全然アリです。

要するに出会いの数を増やす努力をしていくことが大事なんです。

マッチングアプリの攻略方法

僕はもう30も後半になっている年齢ですが、20代の彼女を作ることができました。

マッチングアプリでは努力次第で何とでもなると思っています。

30代後半の男がペアーズで20代の彼女を作る方法30代後半の男がペアーズで20代の彼女を作る方法【マッチング率の上げ方】

マッチングアプリの活動内容

さて、ペアーズで実際に会ってみるまでの活動内容はだいたい次のような感じです。

  • 「いいね」を押す、もしくは「いいね」をもらう
  • マッチングする
  • ペアーズ内でやりとりする
  • LINE交換してLINEでやりとりを始める
  • 実際にあってみる

上記のことは、並行して何人かの女性とやりとりすることになります

僕の場合だと、常にやりとりしていた女性は3~4人くらいです。それ以上の人数だと連絡自体が面倒になるので、そのくらいの人数に制限していました。

その中の1人の女性と途切れるとマッチングを増やして、また1人追加する感じです。

マッチしてからデートまでの期間

マッチしてから実際に会うまでは2~4週間が目安になるかなという印象です。

1ヶ月以上経過するのは長すぎるイメージがあり、女性が飽きます。

女性心理
  • いつ会えるのか分からない。。
  • 全然デートに誘ってこない。。
  • 進展しないなら次の人に行こう。。

逆に早すぎると、女性は警戒するのが一般的です。

女性心理
  • ヤリモクかな?
  • 全然知らない人だし怖い。。
  • 何話せばいいんだろう。。

 

緊急事態宣言で会えなくて、連絡だけ取り続けた女性で2か月です。

会わずにこれだけの期間、アプリだけで連絡していましたが、これはかなり長い方だったと思います。

緊急事態宣言が絡んでくれば長期的に考えるべきだと思います。

コロナ禍では女性によって対応を変える

コロナ禍では女性によって対応を変えていました。

というのも、女性によってコロナに対する考え方が変わるからです。

コロナ禍での恋愛に消極的な女性もいれば、積極的に彼氏が欲しい女性もいるのでそれぞれの女性の考え方に合わせることが大事です。

こちらの対応が変わってきます。基本的には2択だと思います。

  1. コロナ禍ではいったんあきらめる
  2. コロナ禍でもデートする

コロナ禍ではいったんあきらめる

新型コロナウイルスの影響によって、せっかくメールでやり取りしていても、あきらめなければいけない女性もいます。

女性のおかれている状況をきちんと考えてあげたうえで、ったんあきらめるという選択肢もあり得ます。悪く言えば、キープするってことです。

 

ペアーズはもうやめるけど、気になるのでLINEの交換をしたいと言ってくれた女性がいました。

ただ、高齢のおじいさんと一緒に住んでいるので、会うのは控えたいという感じです。この女性にとっては今が恋愛のタイミングじゃないということです。

なので、1ヶ月おきに連絡を取ってて、コロナ禍がある程度良くなったらデートに誘うという話もしていました。

結果的には僕に彼女ができたので、連絡は取らなくなりましたが、ガツガツ行かずにタイミングを見計らうことも選択肢の一つです。

デートする

彼女を作ろうと思うならどんな状況であってもデートをする必要があります。なぜなら、会って初めて相手の彼氏候補になることができるからです。

僕の場合、1回目の緊急事態宣言が終わった後、2~3時間のデートを何人かの女性としました。

女性とのアプリやLINEでのやり取りで様子を見ながら、相手が会ってみたいという反応なら誘ってもOKです。

ただし、新型コロナウイルスが蔓延する状況です。

場所や時間、新型コロナウイルス感染症の対策を踏まえて、行動することが大事です。緊急事態宣言が発令されている時はさすがに会うのは控えましょう

『コロナ禍だから誘えない』はあり得ない

「コロナ禍で女性をデートに誘うってちょっと抵抗がある・・・」という男性の心理は建前だと思います。

ホンネの部分ではコロナ禍じゃなくても女性を誘えない、もしくは誘うことを怖いと思っている男性たちが言っているように感じます。※個人の意見です。

コロナ対策をしっかりとして、女性を楽しませる準備をしましょう。

困難な状況を楽しめるくらいの男性を女性たちは求めていますし、コロナ禍でも配慮できることをアピールできれば、逆にコロナ禍をプラスの要素にすることもできます

コロナ禍の恋愛はチャンスと思った方が僕は得だと思います。

コロナ禍では女性の本性が見やすい

コロナ禍だとより相手のことが見えると感じます。

外出もあまり出来ない状況だし、時間も制限され、いわば抑圧された状況なので、取り繕っていない素の女性も見えやすいです。

だから、「この女性とはないな」という面も見ることになるのですが、それそれで社会勉強。

僕なら、そういう女性もいるんだということを知れたことに感謝し、次の女性にアタックします。

ドライブデートがベスト

コロナ禍のデートはドライブデートがベストです。

感染症対策にもなるし、二人だけの空間になることができるので、コロナ禍では最も良い方法かなと思います。

車を持っていない人でも、レンタカーを借りればドライブデートをするのは難しくないです。

免許を取ってない人は・・・先に免許を取りに行ってください。

ドライブデートで感染リスクを下げる

街中だとどうしても人との接触が多くなるので、感染のリスクが高まります。

ドライブデートであれば、女性以外の人と接触する頻度は少なくなるので、感染症のリスクを減らすことができます。

初対面でドライブデートはNG

ただし、一つ注意点があります。マッチングアプリで出会った場合は『初対面=初デート』となるのでオススメできません。

なぜなら、初めて会う男性と密室空間にいることは、女性にとってはリスクでしかないです。

たぶん女性はこういうことを考えています。

  • 人気の少ないところに行って、襲われるかもしれない。
  • なんなら車内が密室の空間なので、そこで襲われるかもしれない。
  • すぐに助けが呼べない。
  • 話し合わなかったら変な間合いができてしまう
  • 口臭や体臭がしたら地獄
  • 男の人と二人きりとか恥ずかしい など

1、2回は普通に食事やカフェに行って、気が合えば3回目くらいのデートでドライブデートをするようにしましょう。

まとめ

この記事をまとめると次のようになるかなと思います。

  • コロナ禍での恋愛はマッチングアプリがないとやりにくい。
  • 女性のコロナに対する考え方で『いったんあきらめる』か『デートする』かを決める。
  • デートする際はコロナ対策を最大限考える。ベストはドライブデートだが初デートでは絶対しない。

コロナ禍でも恋愛は全然できると思っているので、楽しんでしましょう!

今は少しの努力で誰でも彼女ができる時代なんだと感じます。恋人が欲しいのであれば、今の時代、やらない理由がありません。
≫pairsの無料登録はこちら

ペアーズの他にも色々とマッチングサイトがあったので、彼女を作る前にいろいろとやってみれば良かったと少し後悔もあります。どれも無料で登録できるので、気になったものから始めた方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です