もう止めよう「コロナだから今は彼女できない」という言い訳

もう止めよう「コロナだから今は彼女できない」という言い訳 COVID-19

Iiwakeさん

彼女は欲しいけど、今はコロナだから彼女作るのはやめて思っているし、そもそも彼女を作るべきじゃない時期だと思います。

僕からすれば、そうやって彼女を作らない理由を探しているだけだと思います。

彼女が欲しいなら「受験だから」とか、「仕事に集中したいから」とかはすべて恋愛ができな自分への言い訳にしか聞こえません。

彼女を作る時期は、自分の彼女が欲しい時でいいんです。

受験のことや、仕事のことを理解してくれる彼女を作れば良いんです。

 

「〇〇だからダメ」じゃなくて、「どうやったら〇〇できるか」という思考を持つ。

これは恋愛だけではなく、ビジネスやスポーツ、色んなことに応用できる考え方です。

 

とは言っても、コロナ禍でどうやって彼女を作っていくか知りたいですよね?

僕はコロナ禍でも自分が理想とする彼女を作ることができました。

僕自身の経験をもとにどうやって彼女を作るか、コロナ禍でどのように恋活を進めていくか、書いていきたいと思います。

マッチングアプリで出会いを増やす

コロナ禍でも恋活をしていましたが、マッチングアプリを活用していました。

新型コロナの影響によって、女性と出会う機会が減りました。というよりも人と出会い機会が減りました。

とういかそもそも出会いがあまりなくなってきたので、pairs(ペアーズ)に登録しました。

 

でも、よくよく考えてみたら、コロナ禍の中で出会いを増やそうと思うと、マッチングアプリは有益だったと思います。

時間ができる人も多かったので、マッチングアプリに登録して出会いを求める人も増えいるんではないかと考えています。

特に、新型コロナウイルスによって緊急事態宣言が出た時にはかなり登録者数が増えているように思いました。

 

出会いの数さえ増やしていけば、まずはOK。

コロナ禍ではマッチングアプリはとても有効な手段だと感じずにはいられません。

まずはマッチングアプリで、出会いの数を増やしていくことがおススメです。

 

僕は、ペアーズを使っていました。

最終的には有料会員となりましたが、無料で登録できるのでどういうものか試してみるのも良いと思います。

女性によって対応を変える

さて、ペアーズで活動をするにあたって、女性とマッチングし、メールのやりとりをすることになります。

もちろん、一人の女性ではなく、並行して何人かの女性とやりとりすることになります。

 

僕の場合だと、常にやりとりしていた女性は3~4人くらいです。それ以上の人数だと連絡自体が面倒になるので、そのくらいの人数に制限していました。

 

その中の1人の女性と途切れるとマッチングを増やして、また1人追加する感じです。

これは営業職の方であれば、何となくこの感覚は分かると思います。マッチングアプリでの恋活は営業や販売と似ている部分があります。

※これについては、最後に書きます。

 

コロナ禍では女性によって対応を変えていました。というのも、女性によってコロナに対する考え方が変わるからです。

コロナ禍での恋愛に消極的な女性もいれば、積極的に彼氏が欲しい女性もいるということです。

では、どのような対応すればよいか書いていきます。

あきらめる

新型コロナウイルスの影響によって、せっかくメールでやり取りしていても、あきらめなければいけない女性もいます。

女性のおかれている状況をきちんと考えてあげたうえで、ったんあきらめるという選択肢もあり得ます。

 

ペアーズはもうやめるけど、気になるのでLINEの交換をしたいと言ってくれた女性がいます。

LINEを通じて、出会いを求めているものの、この女性にとっては今のタイミングではないかなと思いました。

おじいちゃんが大好きで、高齢なので感染症を極力控えたいという話をしてれました。つまり恋活に興味があるけど、積極的に誰かと会うのは現段階で控えたいということ。

その後も何度かやり取りをし、良い雰囲気でしたが、いったんやり取りを止めることにしました。

 

僕もその女性も次がない展開になったので、これ以上はお互いの時間の無駄となります。

ここでの最良の選択は『いったん中止する』ということ。その方が、この女性にとっても良かったのだ思います。

今後の恋活で彼女ができなければ、コロナが落ち着いた頃に再度連絡しようと思いました。

こういう場合は、ガツガツするのではなくて、いったん、あきらめた方がスマートです。

メールやLINEで連絡を取り続ける

会える状況でなければ、相手のことを知る良い機会だと思ってメールやLINEし続けることも大事です。

そうすることで、男性も女性も相手に対して興味が増すからです。

 

僕の場合、女性の会社が自粛期間中なのと、緊急事態宣言中だったこともあり、ひたすらLINEでやりとりしていました。

お互い会えない状況だったので、2ヶ月くらい毎日やりとりしていました。

通常、1~2週間程度やり取りしたら「会いましょうか?」となりますが、この女性とはかなり長い間LINEをしていました。

今、考えてみるとよく途切れなかったな思いますが、LINEを繰り返すことでより思い入れが強くなりました

緊急事態宣言が解除されて、この女性と会うことができて、本当に良かったです。なぜなら、その人こそ今の彼女だからです。笑

 

会える状況であれば積極的にデートに誘った方が良いと思います。

でも、コロナ禍で会えない状況なら、会える状況になるまで、待ってみるのも一つの手です。

デートする

彼女を作ろうと思うならどんな状況であってもデートをする必要があります。

なぜなら、会って初めて相手の彼氏候補になることができるからです。

ただし、新型コロナウイルスが蔓延する状況です。

場所や時間、新型コロナウイルス感染症の対策を踏まえて、行動することが大事です。

 

僕の場合、緊急事態宣言が終わった後、2~3時間のデートを何人かの女性としました。

女性とのアプリやLINEでのやり取りで様子を見ながら、相手が会ってみたいという反応なら誘ってもOKです。

 

「コロナ禍で女性をデートに誘うってちょっと抵抗がある・・・」と思いますか?

本当にコロナだからデートに誘わないんでしょうか?

こういう言い訳をする人はコロナ禍じゃなくても女性を誘えない、もしくは誘うことを怖いと思っている人たちです。

コロナ禍ではなくても、女性を誘わない言い訳を探している心理が働いています。

 

コロナ対策をしっかりとして、女性を楽しませる準備をしましょう。困難な状況を楽しめるくらいの男性を女性たちは求めています。

ドライブデートがベスト

コロナ禍のデートはドライブデートがベストです。感染症対策にもなるし、二人だけの空間になることができます。

車を持っていない人でも、レンタカーを借りればドライブデートをするのは難しくないです。

免許を取ってない人は・・・先に免許を取りに行ってください。笑

 

街中だとどうしても人との接触が多くなるので、感染のリスクが高まります。

ドライブデートであれば、女性以外の人と接触する頻度は少なくなるので、感染症対策になります。

 

ただし、一つ注意点があります。

初デートが初対面となる場合、つまり僕のようにマッチングアプリで出会って最初のデートにはオススメできません。

なぜなら、初めて会う男性と密室空間にいることは、女性にとってはリスクでしかないです。

たぶん女性はこういうことを考えています。

  • 人気の少ないところに行って、襲われるかもしれない。
  • なんなら車内が密室の空間なので、そこで襲われるかもしれない。
  • すぐに助けが呼べない。
  • 話し合わなかったら変な間合いができてしまう
  • 口臭や体臭がしたら地獄
  • 男の人と二人きりとか恥ずかしい など

1、2回は普通に食事をして、気が合えば3回目くらいのデートでドライブデートをしてみてください。

最後に

正直この記事を書けば書くほど、恋活は営業と似ているなと思います。

僕は生命保険の営業をしていたこともありますが、成約(契約締結)にいたるまでにはだいたい次のとおりの手順です。

  1. 提案できる顧客先を増やす
  2. 反応が良かった顧客に何度かアプローチする
  3. 成約する

まさしくマッチングアプリでの恋活・婚活スタイルと一緒ではないでしょうか?

マッチングアプリなら次のとおりの手順ですね。

  1. マッチ数を増やす
  2. LINEまで交換した女性とデートする
  3. 告白して付き合う

まあ、その他にもマッチングアプリならではの傾向と対策とかもありますが、基本的には営業ととても似ている気がします。

自分という商品を相手(女性)へ買ってもらうため、努力をしていく必要があるということですね。

 

ペアーズ以外にも面白そうだな、やってみれば良かったなと思うマッチングアプリがあるので、こちらも参考にしてみてください。

無料なので登録だけしておけば、運命の人に出会えるチャンスも上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です