そうだ、Amazonで買い物しよう!

50歳以上が英語ペラペラになる勉強方法【朗報!英会話に年齢は関係ない】

50歳以上が英語ペラペラになる勉強方法

疑問さん

わたしはもうすぐ60歳になるのですが、英語を話せるようになりたいとう夢が諦めきれません。こんなわたしでも英語を話せるようになるんでしょうか?

何歳だろうと英語は話せるようになりますし、今回は50歳以上の方が英語を話せるようになる方法について書いていきます。

この記事を読むことによって次のことが理解いただけます。

  • 英会話ができるようになるのに年齢は関係ない
  • 英語に多額の費用をかけずに独学でも十分できる
  • 50歳以上の人が英語がペラペラになる学習方法

僕は普段、インターナショナルスクール(保育園)でマネージャーをしていて、バイリンガルやネイティブの先生たちと英語を話して仕事をすることもあります。

僕の場合は30歳を過ぎて英語の勉強を始めて、英会話スキルを身に付けました。

これまで、英語学習をたくさんしてきましたが、50歳を超えて英語の勉強を開始し、英語が上達している人を何人も見てきました。そういった人がしている勉強方法についても紹介していきます。

50歳以上で英語ペラペラになる?

50歳以上でも英会話はできるようになる。

ネイティブのように流ちょうになるのは難しいが、外国人とコミュニケーションを取れる程度のレベルなら誰にでもなれる

『英語ペラペラ』の定義

英語ペラペラというと個人差があると思うので、『英語ペラペラ』について定義します。

  • 中学レベルの英語を使いこなせる
  • 日常英会話が話せる
  • ネイティブレベルではなくても、外国人コミュニケーションができる

ネイティブほど流ちょうに英語が話せなくても、これができればあなたは友達や家族から『いつの間に英語話せるようになったの?』と言われるレベルです。

キーポイントは中学英語を使いこなせるようになることです。

中学英語を使いこなせる人=英語が話せる人

中学英語をナメてはいけない

あなたの周りに中学レベルの文法や語彙を駆使して英語を話せる人はいるだろうか?もし、いるとすればその人は『英語が話せる人』と周囲から言われているハズです。

僕はインターナショナルスクールでバイリンガルの先生たちと会話するとき、次の言葉はよく言われます。

英会話は中学英語で十分

英語が話せる人のほとんどは「英会話は中学英語で十分」という認識です。

文法で言えば、高校レベルの文法を英会話で使うことはほとんどありません。ネイティブなら話すだろうけど、ネイティブ以外の外国人だと「?」となることが多い。

人生100年時代!英会話に年齢に関係ない

何歳になっても始められるのが言語学習。

英会話ができるようになるためには、『継続力』が必要。そのため、若い人よりも経験を積み重ねた50歳以上の方が、むしろ話せる英語力はつきやすいとさえ思う。

もともとの英語力に差はあれど、1年程度で英会話はマスターできるので、ぜひ試してみて欲しい。

英会話はスポーツみたいなもの

英会話を始めるのは、新しいスポーツを始めるようなもの。英語がペラペラになるためには反復練習が必須だからです。

なので、新しく英会話をしたいというのは新しいスポーツを始める感覚に似ていると思います。

もちろん、体力は使いません。笑

若い頃と比べて、もちろん記憶力も低下していると思いますが、それは反復練習の回数を多くすることでカバーできます

年齢が理由でやらないのはもったいない

「もう年齢的に無理だろう」という人もいますが、かなりもったいない。

5年後には「5年前にやっておけば良かった」と、10年後には「10年前にやっておけば良かった」と思う可能性があります。

何度も言いますが、年齢は関係ありません。英会話はそこまで難しくないので、年齢だけの理由で英会話を諦めてしまうのはもったいない話です。

70歳でも話せるようになる人はいる

僕はマルタ(イタリアの南にある地中海にある島)へ3ヶ月だけ語学留学したことがあります。

当時76歳になるイタリアの元軍人で小さな農園を経営しているイタリア人と話す機会がありました。英語は上手ではなかったですが、コミュニケーションを取るには十分な英語を話します。

僕らは4人で話していましたが、知らないお爺さんがいつの間にか会話に参加していました。その時、彼が話していた内容が印象的です。

英語はいつから勉強しているの?

Jason(僕)

Franco

70歳を過ぎてから、英語を勉強し始めた。だからこうやってマルタの語学学校に今も通ってるんだよ。

それまでは英語を話せなかったの?

Jason(僕)

Franco

うん、あんまり話せなかった。

英語を話すのは年齢ではないと強く感じた瞬間でした。

マルタ留学3ヶ月 身につけられた英語力マルタ留学3ヶ月で身につけられた英語力【失敗しないための準備は必要】

50歳以上で英語ペラペラになる近道!独学OK

高い教材とか高い英会話スクールとかありますが、『英語が話せるようになりたい!』という情熱があれば独学でも問題ない。

50歳以上の人が英語ペラペラになるために必要なことは3つだけ。

細かいことを言い出すとキリがないし、何をしてよいか分からなくなるので、最重要の3つだけに初めはフォーカスしてみてください

  • 中学レベルの語彙と文法を復習
  • 瞬間英作文を徹底的にやる
  • 毎日英語を話す環境を作る

この3つを同時にすることで、ほとんどの人が英語を話せるようになります

無料カウンセリングを使い倒す

PROGRITはコーチング型の英会話スクールで、無料カウンセリングが受けられます。これを使わない手はない。なぜなら、英語のプロがアナタの英語能力を測定し、どのように学習するかを教えてくれるからだ。「あなたの英語の弱点」「どんな市販のテキストが良いか」「どう勉強すべきか」を具体的に教えてくれます。これらをすべて無料でしてくれるので、使わない理由がない。というか、使わないと損。

50歳以上なら『中学レベルの語彙と文法』の復習

英語を話すためには中学レベルの語彙と文法を復習する必要があります。でも、日本人はけっこう日常的に英語を使っていることを知っていますか?

book, desk, chair, mother, father, other, my, me, you, your, water, eye, mouth, week, month, day, text, walk, work, run, can, do, it…

今、適当に書いていましたが、ほぼすべての単語を知っているのではないでしょうか?英語はそれだけ身近な言語というワケです。

日常英会話の9割は2,000語で行われているというデータがあります。ですが、人にもよりますが日本人なら1,000語くらい覚えれば会話に十分な単語数を持っていることになります。

中学レベルの語彙(単語)と文法で50歳以上の方が取り組む場合にどんな本が良いか、実際に書店にいったり、Amazonの評価を見たりしたので、いくつかオススメの本を紹介します。

MEMO

人によっては、中学レベルの語彙と文法くらいは分かるという人もいると思います。そういう人は次の「瞬間英作文」と「毎日英語を話す」ことに集中してください。

中学レベルの『語彙(単語)』のオススメ本2つ

以下の2冊はイラストもついていて、読みやすかったし、継続しやすいと思います。

それぞれ人によって覚え方があると思いますが、個人的には参考書関連は必ず1冊を5回以上読むようにしています

単語を覚えるには何日かかってもいいので、1冊を5回以上は読むようにしてください。最初は頭に残らなくても3回目くらいから分かるようになっています。

中学レベルの『文法』のオススメ本2つ

次の『瞬間英作文』で分からないところがあれば調べるという使い方でも問題ありません。

というか、英語で会話ができることが最終目的なので、辞書的な活用方法をした方が時間的な効率もイイと思います。

50歳以上でも『瞬間英作文』を徹底的にやる

『瞬間英作文』は個人的に英会話をするうえで、外せない存在だと考えています。

『瞬間英作文』ができるようになれば、もう6割くらいは『英語ができる人』になっているようなものです。

「英語脳」を作るための大事なステップなので、ここは絶対に省略できない。というか、これをやらないと英語は話せない。

『瞬間英作文』はいくつか種類があります。

僕の場合、本書に書かれているやり方どおりに、6ヶ月で2冊しましたが、最低基本となる青の『瞬間英作文』をマスターするくらいやるべき

以下の記事も参考にしてみてください。

瞬間英作文は 必須です【具体的な使い方】英語を話すために『瞬間英作文』は必須です。

50歳以上でも『毎日英語を話す』環境を作る

英語を話せるようになるためには当たり前ですが『毎日英語を話す』環境が必要です。

日本ではこの状況を作り出すことが、とても難しいのですが、最近ではオンライン英会話という手段があります。

※『毎日英語を話す』環境がすでにある人はそれを継続してください。

オンライン英会話の無料レッスンを活用する

僕もいくつかのオンライン英会話を使ってきたのですが、大手のオンライン英会話を5社くらいピックアップしてすべて無料レッスンを受けた方がイイです。

それぞれに特徴があるので、自分に合ったオンライン英会話を探してみてください。

時間があるならネイティブキャンプ、相談して学習をすすめたいならレアジョブ英会話というように無料レッスンを受けることで、それぞれの特徴が実感できます

無料のレッスンをすべて受けた方がイイ、大手のオンライン英会話は次の5つ。

『語彙と文法』『瞬間英作文』『毎日英語で話す』は毎日する

『中学レベルの語彙と文法』『瞬間英作文』『毎日英語を話す』は毎日同時に行っていきます

1日の時間配分は次のような感覚でOK。がっつりやろうとすると失敗する可能性が高いので、ゆる~くすることを意識してください。

  • 『中学レベルの語彙と文法』は10分~15分。
  • 『瞬間英作文』は10~15分。
  • 『毎日英語を話す』は25分(オンライン英会話1回分)。

僕の場合、『中学レベルの語彙と文法』は10分~15分、『瞬間英作文』は10~15分は通勤時に電車の中でしていました。

1日のスキマ時間を活用することで、十分に英語力を高めることができます。

大事なのは『1日1分』の英語学習の習慣化

何よりも大事なのは英語学習を「習慣化」することです。

最初は『1日1分』学習することを意識してください。毎日『1日1分』学習できれば、1ヶ月後には習慣になっています。

『1日1分』をゴールにして、1分以上やれそうであれば、やってみてください。

そうすると、いつの間にか『1日1分』が『1日10分』となり、『1日30分』となり、最終的には『1日1時間』となっています

詳しくは、以下の記事を参考ください。

英会話の学習を継続するためのたった1つのコツ【習慣化する前にはこれ】英会話の学習を継続するためのたった1つのコツ【習慣化する前にはこれ】

まとめ

この記事をまとめると、次のようになります。

  • 50歳以上の人が英語を話せるようになるには中学英語をマスターすればイイ。
  • 『中学レベルの語彙と文法』、『瞬間英作文』、『毎日英語を話す』を毎日する
  • でも、まずは英語学習を習慣化する

ということを理解いただけたと思います。50歳以上の人が英語をマスターするためにするべきことを書いていきました

『年齢なんてただの数字だ』と洋画ではよく聞きますが、英会話に関しては本当にその通りだと思います。

夢は何歳になっても、あってもイイものだし、それを実現しようとする人は何歳であっても尊敬すべき人です。

5つの無料レッスンを使い倒す

☝無料レッスンを受けないのは機会損失

無料レッスンを受けることで講師やカウンセラーから、今の実力のフィードバックや学習アドバイスがもらえる。要するに効果的な学習方法を無料で教えてくれるなら使わない手はない。というか、独学で英語を学習するにしても無料レッスンを受けないのは機会損失でもったいない

別に続けなくても、すくなくとも次の5つのオンライン英会話は無料体験を使い倒すべき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です