そうだ、Amazonで買い物しよう!

英語脳を作る英語本【おすすめ本のまとめ】| 大人も鍛えられる!

英語脳を作る英語本【おすすめ本のまとめ】

質問さん

英語脳を作って、英語を話せるようになりたと思っているんですがオススメの本はあるのでしょうか?

はい、あります!

この記事では「英語脳をどのように鍛えたら良いか分からない」って人向けに、英語脳が鍛えられるオススメの本を紹介していきます

『英語を聞いて日本語に訳さず、英語で理解する』そして、『自分のイメージを英語ですぐに話す』これが『英語脳』です。

英語を話すために「英語脳」が大切です。というか必須。

英語で会話をすることを目標にしている方は『英語脳』になるためのやり方を身に付けましょう!

英語脳を作るオススメの英語本

英語脳を作るためにオススメの本を紹介していきます。

独学でも1年で話せるようになれるロードマップを書いていますので、こちらも参考にしてみてください。

独学1年で日常英会話がペラペラになる方法独学1年で日常英会話がペラペラになる方法【超シンプルなロードマップ】

英語脳を作る英語本①:毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる

英語が読めても、話せない日本人が多い。なぜなら声に出す練習を今までしてこなかったし、それを教える教師があまりいないのが現状。

だからこそ、アウトプットをするトレーニングが必要で、その手助けをしてくれるトレーニングブックです。

この本のタイトル『毎日の英文法 頭の中に「英語のパターン」をつくる』が英会話のすべてだと言ってもイイ。

英語脳を作る英語本②:A4一枚英語勉強法 見るだけで英語ペラペラになる

Youtubeでも大人気の英会話講師、20年間日本人に英語を教えているニック・ウィリアムソンさんが書いた本。

A4シート一枚で英語を脳に染み込ませていく方法が詳しく書かれています。

文法用語もないし、今までのような例文暗記型ではない。まったく新しい、そして簡単な英語学習でラクに英会話を身に付けたい人にオススメ。

英語脳を作る英語本③:もっと魔法の英語脳トレ 中学英語編

僕で働いているインターナショナルスクールでも、バイリンガル講師は『英語は中学英語で十分』とよく言います。

なので、中学英語を自在に操ることができれば『英語脳』はほぼ完成しているといっても過言ではない。

本書では中学レベルの英語をベースに毎日5分の英語脳トレをストレスなく楽しく続けられるように工夫されています。

英語脳を作る英語本④:英語耳 発音ができるとリスニングができる

発音とリスニングに焦点を充てた英語脳を鍛える場合には今のところ本書がベスト。

特にTOEICや英検などの試験対策として押さえておきたい一冊。

リスニング用のCDを繰り返し聞くことで、英語の音を英語のみで理解するネイティブと同じ状態を脳内に作ります。

英語脳を作る英語本⑤:脳が忘れない 英語の「超」勉強法

脳のしくみを理解したうえで、大人の英語学習法が具体的に書かれている本書。

脳医学博士が推奨する「ネイティブの子どもが言葉を身につけていく過程をたどる」方法は次のとおり。

  1. 聞く力を身に付ける(リスニング)
  2. 話す力を身に付ける(スピーキング)
  3. 読む力を身に付ける(リーディング)
  4. 書く力を身に付ける(ライティング)

理由は、本書を参考ください!

英語脳を作る英語本⑥:小学生のための英語脳育成ドリル

こちらは小学生向けに作られた英語脳育成ドリル。1~3までのレベル別で子どもに英語を覚えてもらいたい保護者は購入しておいた方がイイ。

アルファベットから始められるので小学校に行く前の4~5歳児でも十分にできる内容となっています。

YouTubeでも活躍しているイムラン先生の著書です。

英語脳を作る英語本⑦:超英語思考トレーニング

こちらもイムラン先生の著書。こちらは大人を対象としている本です。

10問の簡単なトレーニングを1回として、これを繰り返すだけで「英語思考」=『英語脳』を身に付けることができます。

4技能を一気に伸ばし新しいトレーニングなので学生にもオススメ

英語脳を作る英語本⑧:イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880

単語に特化した英語脳の本。英単語をイラストを用いて楽しく覚えられます。10万部以上売れているベストセラー。

次の3ステップで簡単に単語が覚えられます。

  • イラスト(絵)で
  • 楽しむ♪
  • くり返す

英語脳を作る英語本⑨:英語ネイティブ脳みそのつくり方

従来的なスポ根勉強法で勉強してきて、しんどかった思いをしたことから、英語を学ぶ楽しさを追求してくれる本。

読んだ人は英語脳を作り方を理解できるとともに、英語学習について励まされる一冊となっています。

『英語ヴァージョンの自分をつくる』ということに共感できる英会話学習者も多い。

英語脳を作る英語本⑩:たった「80単語」!読むだけで「英語脳」になる本

80単語を「意味」として覚えるのではなく、「イメージ」として覚えることで、どんどん英語を習得できるようになる本。

“run”は「走る」という意味ではなく、「サーッと動く」という感じで覚えていき使える英語を身に付けます。

一つの単語で色んな意味を持つのが英語単語。根本的な意味を理解していれば、80語で伝えられるイメージは無数にある。

英語脳を作る英語本⑪:脳に定着する“超効率”英語学習法

同時通訳者として活躍する小根山麗子さんが書いた本。

同時通訳をする時に必要なスキルは「必要な情報を短時間でインプットし、的確にアウトプットする」こと。

きた英語を身に付けるために無理せず、ストレスなく学習することとしていて、英語脳を作るための方法を分かりやすく教えてくれます。

英語脳を作る英語本【必須レベル】:瞬間英作文

英語を話せるようになりたいなら、必須の本。これと並行してオンライン英会話をやれば間違いなく話せるようになる

僕はこれで英語を話す基礎ができたし、めちゃくちゃオススメできます。

数種類ありますが青の『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』が基本で、2~3種類すると中学英語を使えるようになっています。

瞬間英作文×オンライン英会話が最強

瞬間英作文トレーニングをしながら、オンライン英会話をすることが最も効果的に英会話力を高められると信じています。

TOEICや英検などの試験対策、それと海外留学をするなら話は別ですが、日本に住みながら英会話を習得していくなら絶対にやるべき

しかも、オンライン英会話は無料レッスンが受けられるので、使い倒した方がイイ。

5つの無料レッスンを使い倒す

☝無料レッスンを受けないのは機会損失

無料レッスンを受けることで講師やカウンセラーから、今の実力のフィードバックや学習アドバイスがもらえる。要するに効果的な学習方法を無料で教えてくれるなら使わない手はない。というか、独学で英語を学習するにしても無料レッスンを受けないのは機会損失でもったいない

別に続けなくても、すくなくとも次の5つのオンライン英会話は無料体験を使い倒すべき

最後に

英語脳を鍛えるためにの本は見つかりましたか?

学習系の本を読むときは、一度で終わらせるんではなくて最低5回くらいは読むようにしましょう!

5周目くらいから成果を実感するハズです。

英語を話すために必要なことを書いているので、以下のページも参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です